創価大学学生自治会
ホーム活動自治会日誌自治会日誌⑱

自治会日誌

2017.11.21

皆さん、こんにちは!学生自治会です!

最近、冷え込みすぎて服装に困る毎日です。今暖かすぎる格好だと本当の冬が乗り切れないのでは…と常に考えている筆者です。

こういう時は、こたつに入ってのんびりしながら自治会日誌を読みたいですね!

今回の自治会日誌の担当は、、、、

法学部執行部です!!✨

 

法学部テーマ 『同じ志を持つ友と 共に学ぶ法学部!』

→同じ志を持つ友と連帯し、共に学び皆で「何のため」という学問の目的を問い続ける法学部を目指し、このようなテーマとさせて頂きました。

 

【法学部執行部とは…?】

法学部執行部は、創立の精神・創立者の思いを継承おすることを自治活動を軸とし、9人で活動を行っております。

大学建設の中でも、特に学部運営・学部建設に焦点を当て、法学部生の身近な存在として、また教職学一体の楽しい法学部を目指し、日々活動に励んでいます!

大学・学部創設50周年を見据えながら、新時代の増加大学創学部を切り開くため、思考部一同、日々学部建設・大学建設に邁進して参ります!

 

【法学部執行部の活動内容】

①新入生歓迎会と履修相談会

新入生歓迎会は、法学部のOCの執行の方に協力をしていただきながら4月に開催しました。新入生が早く大学になじめるように、法学部クイズや友人を作る企画・体験発表等を行い、最後に学生歌を大合唱しました。また、新入生対象の履修相談会では、初めての大学生活に際し、不安を抱えた新入生の声に耳を傾け、勉強を始めとした相談会を行いました。

②創立の精神を学ぶ会

創大生として、創立の精神や創立者の思いを受け継いでいくため、創立者のスピーチ研鑽会を行っています。法学部の友情の輪を広げるためアットホームな会を目指しています。

5月に第1回目を開催し、対話会と『創価大学設立構想』の研鑽を行い、10月に第2回目を開催し、対話会と『創造的人間たれ』の研鑽を行いました。学ぶ会を通して、創立者の思いを心に刻み、創大生としての決意を固めることが出来る有意義な会となりました。

③旬の話題を学ぶ会

法学部生として、法学部的観点で社会に目を向けるため、時事問題を共に学ぶ会を行っています。7月に第1回を開催し、対話会と『共謀罪について』の勉強会を行いました。法学部は、2年次から4つのコースに分かれ、授業が異なるため、コースの違う学生と共に学ぶ機会がありませんが、この会においてすべてのコースの学生から様々な視点を持ったともと共に学ぶことができました。この会は、今年度初めて行われたものであり、準備や運営が円滑に進まなかったことが反省点です。この点を今後に生かして参ります。

12月中旬に第2回目の旬の話題を学ぶ会を開催する予定ですので、ぜひお越しください!

④目安箱

学生の声に耳を傾け、学生による大学建設・教職学一体の大学運営を図るため、今年度より設置をしました。法学部では、全学アンケートのみならず、”法学部建設アンケート”を設け、学生の視点から投函しやすい身近な目安箱を目指しています。また、目安箱の周知と楽しい学部建設のため、目安箱イベントを開催しています。(春・・川柳大会、夏・・名言・座右の銘、秋・・学部長、副学部長の協力のもと大喜利大会を開催。)今後もイベントを開催予定ですので、開催期間中に投函してください!

➄創法ジャーナル

本紙は、『法学部生の 法学部生による 法学部生のための広報紙』として、法学部生の活躍を広め、自他共に励まし合っていくことを目的とし、昨年度より発行してきました。本部棟と中央教育棟の地下1階の掲示板に掲示し、これまでに3号発行してきました。秋号は11月、冬号は1月に発行予定ですので、是非お読みください!

⑥法学部協議会

学生の声を届け、教職学一体の学部建設を目指すため今年より再開しました。参加者は、学部長・副学部長・職員代表・法学部正副執行委員長となっています。事前に目安箱や友人から意見を収集し、協議会では、学生側からは、自治活動や意見等の報告、教職員側からは、法学部の現状についての諸報告を行っています。これまでに4回開催し、今後も1回ほど開催予定です。

 

今後とも何卒よろしくお願い致します。全員で世界一の法学部・世界一の創価大学を目指して参りましょう。

 

文責:学生自治会法学部執行部副執行委員長

 

ありがとうございました!!

学部創設50周年に向けて今後も活躍していく法学部を今後とも応援よろしくお願い致します!!