創価大学学生自治会
ホーム活動自治会日誌自治会日誌㉔

自治会日誌

2018.01.16

皆さん、こんにちは!学生自治会です!

センター試験が終わりましたね!受験生の皆様お疲れ様でした!

創大生の皆様は期末テストが始まりますね!

ともに乗り越えていきましょう!!

 

それでは本編へと進んで参りましょう!本日の自治会日誌の担当は・・・

看護学部です!!!!

 

看護学部執行部は、全6名で構成されており、看護学部生一人ひとりが「看護の誇りに燃えて、全員で前へ突き進んでいける」よう、学部生一人ひとりに寄り添い声を拾いながら、また全力で様々な集いやサポートに尽力しています。

 

看護学部に学生自治会執行部が設置されて3年。

草創期として、様々な取り組みに教・職・学一体となって協力し、創り上げてきました。今年度はその草創期の黄金の総仕上げの時!と定め、取り組んできた事をこの場を借りて報告させて頂きます。

 

一、4月度「創大は白樺の集い」の開催

 初代看護学部執行委員長より、看護学部生ホームルームとして開催されていたものを二代目執行委員長が「創大白樺の集い」と改め、2017年度4月で第3回目の節目を数えました。この第3回創大白樺の集いテーマを「黄金の襷にロマンあり」と題しました。

 

新たに看護学部5期生というフレッシュな新入生を迎えての集いには、教職員の方々も参加し、メインムービー、グループトーク、各期活動報告などで親睦を深めながら、看護学部としての連帯をさらに強くする集いにすることが出来ました。

 

≪第3回白樺の集い≫

 

二、第1回共に勝ち進み対話会の開催

 今年度より新しく、看護学部生による学部の更なる発展のための、展望を語り合うグループトークに重きを置いた対話会を2日間にわたり、開催いたしました。課題などの寸暇を惜しんで駆けつけてくれるメンバーでの短時間の密度の高い時間は学部の10年後20年後を見据え、生きる力を引き出す看護師が陸続と続いていくためのかけがえのない原点となりました。

 

≪第1回共に勝ち進み対話会≫

1日目

2日目

 

三、12月度「創大白樺の集い」の開催

 4年生にとって、看護師国家試験直前、3年生は領域別実習の真っ最中、2年生にとって年明けの基礎Ⅱ看護学実習が控えた大切な時期でありますが、1年間のお互いの努力をいたわり、学部全体として国家試験合格100%を樹立し続けていくため、この第4回創大白樺の集いのテーマを「不屈の生命滾(たぎ)らせて 創大看護の潮流を」と定め、ディスカバリーホールにて開催いたしました。

ディスカバリーに対し、まだまだ看護学部生は少ないですが、将来的には看護師となり、社会で実証を示す卒業生も帰ってくる場とし、ディスカバリーホールがいっぱいになることが私たち、看護学部執行部の夢です。卒業研究の発表やメインムービー、クラブ演目、グループトークを行い、創大看護の歴史をまた一つ刻みました。

 

≪第4回創大白樺の集い≫

 

看護学部執行部の歴史はまだまだ始まったばかりです。1人も漏れなく、生きる力を引き出すロマンあふれる看護師に。を目指し、これからも突き進んで参る決意です。

 

今後とも看護各部への温かい声援をよろしくお願いします!!