創価大学学生自治会
ホーム個人情報保護方針

個人情報保護方針

(目的)

本規程は、創価大学学生自治会(以下「自治会」という。)が保有する個人情報の適正な取扱いの確保に関し、必要な事項を定めることにより、個人の権利利益を保護することを目的とする。

(定義)

本規程における個人情報は、現在及び過去の学生ならびに教職員について、自治会が本サイトを通じて取得または作成した情報であり、当該情報に含まれる氏名その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう。

本規約においては、

  • (1) 学生自治会役員およびコンテンツ上で使用した氏名・所属等の個人情報
  • (2) フォームに必須事項あるいはアンケート等の目的達成に必要な項目として入力された個人情報

についてを保護の対象とし、自由入力のフォームに入力された目的達成に必要な範囲を超えた個人情報については保証するものではない。

 

(取得する情報の取り扱い)

本サイトを通じて取得した個人情報については、以下の場合を除き、利用目的を超えた使用、第三者に開示、または提供しない。

  • (1) 法令に基づく場合
  • (2) 個人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • (3) 国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

(個人情報の取得)

自治会は、個人情報を取得するにあたって、利用目的の達成に必要な限度において適正かつ公正な手段により行わなければならない。
個人情報は、本人の同意がある場合を除き、本人から取得されなければならない。
利用目的を変更した場合は変更した利用目的を本人通知または公表する。

(委託先の監督)

自治会は、個人情報の取扱い事務の全部または一部を学外へ委託するときは、個人データの保護のために、必要な措置を講じるとともに、その委託を受けた者に対し必要かつ適切な指示及び監督を行わなければならない。

(個人情報に関する請求)

自治会は、提供された、あるいは公開した個人情報について、

  • ①本人による開示要求
  • ②本人による訂正要求
  • ③本人による追加要求
  • ④本人による削除要求

について、サイト内のお問い合わせフォームを介して請求を受け付けるものとし、それ以外の方法を用いて請求がなされた場合は、請求の受理について保証しない。

(規程の変更)

自治会は、本規約を改定することがある。改定された規約については、本サイトへの掲載を持って改定を有効とする。
附 則
この規程は、平成26年4月2日から施行する。