創価大学学生自治会

自治会日誌

2017.07.09

こんにちは!学生自治会です!

7月に入り、気温が急上昇していて体調管理が難しいですね!

今回は、法学部執行部の紹介です!!

 

法学部執行部は9人で活動しています。

執行部の具体的な活動としては、新入生歓迎会の開催、「創立の精神を学ぶ会」「旬の話題を学ぶ会」の開催、広報紙「創法ジャーナル」の発行等々、年間を通して、更なる法学部の発展に向けて頑張っています。

今年度、創価大学法学部として『同じ志を持つ友と 共に学ぶ法学部!』というテーマを掲げさせていただきました。

創価大学法学部は、創立の精神に基づき、リーガルマインドを身に付けた人材、人権を尊重した努力を続ける人材、人間教育を基調とした法文化を創造する人材を養成することを目標としています。

また、創立者池田大作先生は、学問の目的について「学問や学歴は、本来、立身出世のための道具ではない。人々の幸福に寄与するためであり、むしろ、大学で学ぶのは、大学に行けなかった人たちに奉仕し、貢献するためであってもよい。」と仰っています(新・人間革命「創価大学」の章)。

法学部で学ぶ「法律」は、社会の根底となる基準であり、その法を学ぶことで、世の中の善悪を見極める力を養うことができます。また、その力を地位や名声などに左右されず厳正に使うことによって、悩み苦しんでいる民衆を護ることができます。このように、確かな実力と揺るぎない信念を持って民衆を護り、世界平和を実現することが、私たち創大法学部生の使命であり、学ぶ目的であると思います。

しかし、学ぶ目的を一人で考え続けても深まりません。同苦し、互いに尊敬し、励まし合いながら成長しながら成長していくことができる『友』という存在が絶対に必要です。そこで、同じ志を持つ友と連帯し、共に学ぶことによって、皆で「何のため」という学問の目的を問い続ける法学部を目指して参りましょう!

執行部一同、自ら一人立ち、法学部生の輪を広げ、創大生の朗らかな連帯を築いていきます!!

今後とも、法学部執行部を何卒よろしくお願い致します!!